文才? 何ですぅぅ? 文章力? 要らないです。まったく要りません。
ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
先に言ってよ
2006-10-10-Tue  CATEGORY: 未分類

[小説家になりたい。なろう。なれます

ご意見、ありがとうございます。

いますこしブログは続けます。


さて、ご質問にあった


「伏線」


についてです。


伏線とは、そもそもどういうものを言うのか? そこからご説明しますね。


読者や観客というのは、とてもわがままなんです。

ストーリーの展開や進行がどうなるのかを早く知りたいと思う反面、すべてが、すぐに明らかになることを望みません。


みなさんもありませんか? 

面白い作品に出会うと、早く先が知りたいけど、終わってしまうのが、なんだか残念という経験が。


ストーリーの展開を予想させるのは、興味を先につなぐためにも重要なことです。
しかし、すべてをあけっぴろげに提示してしまっては、読者は興醒めしてしまう。かといって、なにもかも隠してきってしまっては、あきられてしまいます。

先が知りたいという読者の興味に応えつつ、先へと先へといざなっていくための技術。

それが「伏線」です。


有り体に言えば、


「もったいつける」


ということですね。


あるエピソードをあらかじめ提示しておき、あとになって、

「ああ、そういうことだったのね」

と読み手に納得してもらう。


こういうことです。


ひとつの例として、新撰組です。

沖田総司は労咳で死にます。

多くの新撰組を描いた作品では、池田屋事件の最中に喀血することになっています。

でも、それ以前から軽い咳(労咳の咳は、風邪などとちがって乾いた軽いものなんです)をしているというシーンを入れておくと、池田屋で血を吐いたときも、とってつけた感がありません。

まあ、沖田の場合は、労咳死が有名すぎるので、咳のシーンを入れても、正確な意味での伏線にはならないかもしれませんが。


伏線については、次回、もうすこし書きたいと思います。


FC2 Blog Ranking

ネタゼロ メールマガジン

ミクシィで、あらすじの検証をはじめます。よろしければ、ご参加ください。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック2 コメント0
余白 Copyright © 2005 ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。