文才? 何ですぅぅ? 文章力? 要らないです。まったく要りません。
ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
盗んで、盗んで、盗みまくれっ!その6
2006-04-10-Mon  CATEGORY: 未分類
4. 主人公は、偶然に、大いなる力を手にいれる。

アムロは、避難の途中に、偶然にもガンダムを動かすことになってしまいます。
そのガンダムの開発に、父親のテムがかかわっていたのは、まさに因縁です。

大いなる力、というのも、解釈が広く取れます。
ファンタジー調ならば、神剣、魔剣などのアイテムでもいいし、杖や指輪といったものもよく使われます。
SFならば、隠されていた古代文明の遺物(たしか、巨神ゴーグがこんなストーリーでした)とか、超兵器とか。
封印されていた魔神や妖怪ならば、伝奇調のストーリーにできます。


5. 脅威が襲来した理由は、その大いなる力にある。

連邦軍の新型モビルスーツ(ガンダム)があるという情報をキャッチして、シャアの部隊は、サイド7にやってきます。目的は、新型茂ビルスーツについての情報収集、あるいは捕獲、破壊です。

脅威が襲ってきた理由を、その大いなる力と結びつけることで「設定だおれ」という悪評をかわすことができます。
もっとひねるならば、その大いなる力が、脅威を呼びよせた、というストーリーにもできます。
「うしおととら」の獣の槍は、妖怪を殺す槍であるがゆえに、持ち主のうしおを常に妖怪との戦いに巻き込んでいきます。
「指輪物語」の指輪も、強大な力を持つために、さまざまな欲望を引き寄せ、たびたびフロドを危機におとしいれました。


6. 主人公は、その大いなる力を使い、脅威をひとまず退散させる。

アムロはわけもわからないままガンダムを操縦し、二体のザクを撃破しました。
しかし、それで脅威は完全に去ったわけではなく、さらなる戦いが、その先には待っていました。

主人公の活躍により、脅威は去ります。しかし、まさに「ガンダム」と同じく、それは新たな脅威の前奏曲でしかなかったというわけです。

ここで、危機感や緊迫感を盛り上げるならば、大いなる力を使ったことで、主人公がダメージを受けてしまう、とするのが効果的です。
肉体的にでもいいし、精神的にでもいいです。

ありがちなパターンとしては、爆発的な力を秘めた魔剣で、その一振りは山すら断ち割ります。しかし、剣は持ち主の生命力を糧としています。一度使うと、数日は歩くことすらままならないほど生命力をうばわれてしまいます。そこへ、さらなる脅威が……


FC2 Blog Ranking







スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。