文才? 何ですぅぅ? 文章力? 要らないです。まったく要りません。
ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
映画考
2006-09-06-Wed  CATEGORY: 未分類

[小説家になりたい。なろう。なれます

質問をいただきました。映画に関して。


「ブログで紹介されている映画は観たほうがいですか?」


観たほうがいいです。


もちろん、強制はしません。

拙ブログは、タイトルのとおり「ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロから~」です。
つまりゼロスタートから、脱シロウトの作品を書くための方法を紹介しています。

その方法のなかで、映画を観る、という行為は、とてもウェイトが重いのです。


多くのHow to本や、小説家になろう系のサイトを拝見していて、私が一番疑問に思ったことは、映画を観ること、映画を研究することの重要性について言及しているところが、ほぼ皆無だったことです。

たくさんの小説を読め、という記述は、しばしば目にします。

たしかに、小説を読むことは大切なことです。
ですが、以前にも申しましたが、小説を10000冊読んだところで、小説家にはなれません。
でも、映画を10000本観れば、まちがいなく小説家になれます。


くどいようですが、小説とは文章ではなく、物語りを読んでもらうものです。


物語りとは、構成であり、各エピソードの積み重ねです。
それの学習や習練は、小説を読むことでは出来ません。
まったく不可能ではないにしろ、映画を観ることと比べると、おそろしく遠回りな方法なんです。

拙ブログで紹介する映画は、どれも、ただ面白いというだけでなく、物語り作りに役立ち、良き参考書となるものを選んでいるつもりです。いままでも、これからも。


ですから、ご紹介した映画は、ぜひ観てみてください。
もし、それすら面倒だということなら、このブログは、あなたにとって何の役にも立ちません。

レンタルでもかまいませんが、資料として、また、教本として考えるなら、常に手元に置いておくことが理想ではありますが。


プロを目指す者にとって、映画はただの娯楽だけでありません。
一度観て「ああ、面白かった」で済ませてはだめなんです。

一度めには気がつかなかったことに、二度、三度と観るうちに気がつくことがあります。
繰り返し、繰り返し観ることで、1本の作品からでも多くのことが学べますから。


そして、そこで得たことは、作品を書くときに、かならず翼となって、あなたの飛翔を支えます。



FC2 Blog Ranking

ネタゼロ メールマガジン
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
余白 Copyright © 2005 ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。