FC2ブログ
文才? 何ですぅぅ? 文章力? 要らないです。まったく要りません。
ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
迷いの森へ
2006-09-10-Sun  CATEGORY: 未分類

[小説家になりたい。なろう。なれます

まだ東京にいます。

住んでいる方には当たり前のことなのでしょうが、東京という都市は、24時間、ほんとに眠らないんですね。

地方都市から来た私には、それだけでも驚愕の対象だったりします……



「なれるまで、やりつづける」


それがわかっていても、あきらめてしまう人が多いのも事実です。

私の友人の何人かも、そうして小説家、漫画家になる途を断念し、未来を捨てました。

なぜ、あきらめてしまうのか?

それについて、拙ブログで以前に書きました。


「自分で自分の評価をしてしまうからだ」


と。

だから、自分の作品を、自分で評価するのはやめましょう。いま、この瞬間から、やめてしまいましょう。

ただ、自己評価をしてしまう、ということとは、ちがった理由で、あきらめてしまうケースがあります。

それが、


「続きが書けない」「なにを書いていいかわからない」「どう書いていいかわからない」


というやつです。

実は1本の作品を完成させるにおいて、最大の敵となるのが、これなんです。


どのHow to 本にも、どの「なろう系ブログ」やホームページにも、そりゃもう老人の繰り言のように書かれています。


「小説家になるには文章力が大切」


そういう世迷い言をほざいている方々に、私は借問してみたいです。

「あなたがおっしゃる文章力とやらで、なにを、どう書いていいかわからないとう悩みが解決できるのですか?」

と。

できるはずがないんです。

なにをどう書くか、とは、構成の問題であり、どれほど流麗な、どれほど力強く印象的な“文章”が書けたところで、まったく役に立ちません。

プロの作家、漫画家、シナリオライターたちは、構成の重要性を熟知しています。

みんな、自分の作品においては、きちんと構成を組み立てています。
でも、多くのHow to 本には、それについて書かれたものは、ほとんどありません。

なぜでしょう?

教えたら、だれでもプロになれてしまうからです。
構成力は、才能でも、資質でも、まして天分でもありません。

知識とそれに対する正しい理解と、実践するという努力。
それだけで、日本語を書ける人なら、だれでも身につけることができます。


既得権の独占というものは、どの世界でも見られることですが、創作の世界は、ことに激しいようです。

この話題、もうすこし続けさせていただきます。




FC2 Blog Ranking

ネタゼロ メールマガジン


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
余白 Copyright © 2005 ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。