文才? 何ですぅぅ? 文章力? 要らないです。まったく要りません。
ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
トーンじゃないけど、削ってしまえ
2006-09-16-Sat  CATEGORY: 未分類

[小説家になりたい。なろう。なれます

最終電車の中、携帯から書いています。

みなさんが小説家となることを邪魔するものは何でしょう?

才能の足らなさ? ちがいます。

資質のとぼしさ? ちがいます。

環境? 運? いずれもちがいます。

あきらめてしまう、ということです。

小説家になる、ということにとどまらず、人生に起きる困難の多くは、あきらめてしまったら、はい、それまでよ、ということばかりです。

信じましょう。自分を。自分の未来を。
がんばりましょう。がんばらなくてもいい、なんて大うそです。
世の中は、がんばらなきゃ手に入れられないことばかりなんですから。



「夢はどこにもいきません。ただ、あなたが逃げるだけです」



「文章から引いていくもの」


形容詞と副詞です。


それぞれ名詞と動詞を修飾することは、文法の授業でおなじみですね。

形容詞と副詞を極力削ってしまうと、文章はすっきりとダイエットされます。
逆に言えば、形容詞、副詞は、文にくっついた脂肪みたいなものです。

人間の体にもある程度の脂肪が必要なように、文にも形容詞、副詞は必要です。
最低限には。多すぎるのはまずいですね。

脂肪も形容詞、副詞も、つけすぎは、百害あって一利どころか半利もありません。


不思議なものです。


「文章力=形容詞・副詞の多彩さ=表現力の豊かさ」


だと考えている方が多いんですね。

形容詞、副詞の多用は、稚拙な印象を与えることのほうが多いのですが……

形容詞、副詞の使用は最低限にしてみましょう。

文章、ひきしまりますから。


次に引いていくもの。


接続詞です。


しかし、だが、ところで、そして、また等々等々。

こと接続詞に関しては、作品中から、すべて取ってしまったほうがいいでしょう。

はい。ひとつ残らず、何もかも。
接続詞がなくても文意が伝わるように、前後の文を考えて書く。

表現力を磨くには、大変に有効な練習方法です。ぜひ取り組んでみてください。

その上で、どうにもしようのないところ二、三箇所だけ使う。

文章、ひきしまりますよ。


もうひとつ引いていくもの。


指示語です。


こそあど言葉ですね。

読みにくい文章、文意の通りにくい文章というものは、たいていは指示語が多すぎるものです。

指示語というものは、取ってしまっても意味が通ずることがほとんどです。

みなさんも、一度、ご自身の作品をチェックしてみて、指示語があれば、取ってみても意味がとおるかどうか確認してみてください。

とおるならば、必要ないということです。削りましょう。削りまくってしまいましょう。

文章、ひきしまりますって。



FC2 Blog Ranking

ネタゼロ メールマガジン
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントさばよし | URL | 2006-09-17-Sun 08:54 [EDIT]
じっさまさま

ありがとうございます。

ほんのすこしでも参考にしていただけたなら、私もとてもしあわせです。

これからも、どうぞよろしくお願いします。


リリコさま

ファイルというのは、あちわさまの質問にあったファイルのことでしょうか?

それならば、以前に私が作った「小説家になりましょうファイル」のことです。

内容は、このブログをさらに専門的にしたような感じで、白紙の状態から一本の作品を仕上げるための技術や知識の習得に特化したものでした。


こんばんわ
コメントじっさま | URL | 2006-09-17-Sun 00:38 [EDIT]
今日このブログの存在をしって、全て読ませてもらいました。
共感できることも多く、とても参考になりました。

今までの経験で何となく気づきかけていたことがあったのですが、こちらのブログにはそれら思っていたことが文章で書かれていて驚きました。

頑張ってください。
これからも拝見させて頂きます。
トラックバック
TB*URL
余白 Copyright © 2005 ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロからのストーリー作り……. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。